Web Marketing

Web Marketing

Web MarketingとはWebを元に行われるマーケティングでありWebサイトやWebサービスを用いて行われるものです。
本当にWebマーケティングを理解するためには、「マーケティング」を理解する必要があります。
マーケティングは「売れる仕組み」であることは誰しもが知っていることだと思います。
しかしその為に何をするべきなのかを理解されている方は少ないと思います。
なぜなら、マーケティングという言葉が1900年代初めに登場してから、その意味合いや目的は少しずつ変化をしているからです。
また、現在までに数多くのマーケティング手法が誕生しているので、「マーケティング」が何を指すのかが分かりにくくなっていることも原因です。
かの有名なピーター・F・ドラッカーは マーケティングについて「 マーケティングの理想は販売を不要にする」と言っています。
マーケティングは「物が売れる流れを作る活動」と言えそうです。
例えば「車って何?」と小さな子どもに聞かれて、「レクサスのことだよ」と答えたとしたら、きっと正しい理解はできないですよね。
マーケティングを正しく行うためには、まずはマーケティングを正しく知ることが大切です。
また、Web マーケティングの大きな特徴として施策の結果を全て数値で管理出来るというのも大きな点です。紙媒体であれば、どこで買ってどのページをどれだけ読まれたかというのは計測するのが非常に難しいです。しかし、Web マーケティングであれば、どこから来て、誰が・どのページを・何回・何秒滞在したか、などの情報を見ることが出来ます。

コトラー氏のマーケティングの定義

マーケティングの神様」と称される世界的権威のフィリップ・コトラー(Philip Kotler)氏は、マーケティングを次のように定義しています。

マーケティングとは、充足されていないニーズや欲求を突きとめ、その重要性と潜在的な収益性を明確化・評価し、組織が最も貢献できる標的市場を選択したうえで、当該市場に最適な製品、サービス、プログラムを決定し、組織の全成員に顧客志向、顧客奉仕の姿勢を求めるビジネス上の機能である
引用元:『コトラーのマーケティング・コンセプト』

要約すると「たえず変化する人々のニーズを収益機会に転化すること」だと言っています。
また、マーケティングとは目の前の取引に固執することではなく、顧客との長期にわたる互恵的関係を築くことが大切だとしています。

ドラッカー氏のマーケティングの定義

マーケティングの定義でもう一つ知っておきたいのが、「マネジメント」の発明者とされる経営学者ピーター・ドラッカー氏による定義です。

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。
マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。
引用元:『マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則』

ニーズにぴったりと合うものを顧客に提供して「販売活動を不要にすること」が、マーケティングの理想形だということですね。

そして、マーケティングの定義は時代によって少しずつ変化している、ということを知っておくことも大切です。

マーケティングの3つの軸

コトラー氏によると、現在のマーケティングは次の3つの軸で展開してきたとしています。この3つの軸は、「マーケティング」という言葉が誕生した年代から、順を追うごとに追加されてきました。

製品管理(1950年代〜)
顧客管理(1970年代〜)
ブランド管理(1990年代〜)

マーケティング誕生から現在までの時代の変わりを知ることで、マーケティングの目的が分かるようになります。

マーケティングの誕生と歴史

マーケティングは、19世紀にアメリカで生まれた概念です。
18世紀後半にイギリスから始まった蒸気機関の実用化による産業革命によって、アメリカでは製品の大量生産が可能になりました。
ところが、海外に植民地を持たないアメリカは、生産した製品は国内でしか販売することができず、どうやって需要の創造を図るかが重要な課題となっていきました。不良在庫を抱えて経営を圧迫させないために、「どうやって効率的に販売するか?」を工夫するようになりました。
これがマーケティングの原型です。

マーケティングを研究したロバート・バーテルズ(Robert Bartels)博士によると、『商人の活動』を意味する動詞として使われていた「マーケティング」という言葉が、『ある職業に携わる者の業務内容』を示す名詞として最初に登場したのは、1905年のオハイオ州立大学のビジネスコースです。

マーケティングの進化

販売部門として扱われていたマーケティングは、その後、製造部門や財務部門にも広がり、1950年代にはマーケティングの概念が確立され、経営視点から企業全体の活動に大きく影響を与えるようになりました。
コトラー氏によると、マーケティングは時代が進むにつれて、次のように進化していると言います。

マーケティング 1:1900〜1960年代
マーケティング 2:1970〜1980年代
マーケティング 3:1990〜2000年代
マーケティング 4:2010年代〜

マーケティング 1(製品中心)

マーケティング 1とは、販売活動としてのマーケティングが誕生した1900年代から、マーケティングの概念が確立した1950年代〜1960年代までの「製品中心のマーケティング」を指します。20世紀初頭に起こった電力の実用化による第二次産業革命によって、アメリカでは工業力が世界一位になり、大量生産、大量費の時代を迎えます。そのため、製品自体はマス市場に向けたものであり、マーケティングの目的は「コストを抑えて製品を作り、多くの人に販売すること」でした。「良いものを作って伝えれば売れる」ということが成立していた年代です。製造業が中心であったために、マーケティングのコンセプトは『製品管理』でした。

マーケティング 1の成功事例

製品中心のマーケティングで成功した有名な事例が、1908年に発売されたフォードモーター社によるT型車の販売戦略です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このT型フォードは、高い完成度に加え、製品を単一車種に絞って生産することで圧倒的なコストパフォーマンスを実現し、約20年間に渡って売り続けることができました。

ヘンリー・フォード氏の残した言葉が、消費者に対して企業が優位な立場であったことを象徴しています。

「顧客は好みの色の車を買うことができる。好みの色が黒である限りは」

マーケティング 1に登場するフレームワークや用語

マーケティング 1.0に登場するフレームワークは、「売れる製品を作るための分析とマス市場に向けた宣伝方法」に視点を置いたものが伺えます。

1960年代には、マーケティング要素を

「Product(製品)」
「Price(価格)」
「Place(流通)」
「Promotion(プロモーション)」

で分析する4Pのフレームワークが普及して、製造業部門では欠かせない戦術として機能していました。